商品一覧

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順

魚醤

一、吉野の魚を丸ごと使用した魚醤「鮎のみつき」、「あまごのおおみけ」ついに完成

「地元の特産を使い培ってきた醤油、味噌(みそ)醸造の技術を生かしたい」と考え、鮎とあまごに注目し取り組んだ魚醤、「鮎のみつき」と「あまごのおおみけ」。地元の鮎とあまごを丸ごとミンチにし、塩、自家製の米麹、小麦を加え約1年間発酵熟成させ濾過。琥珀色の甘い香りがする一滴、一滴が感動的な「鮎のみつき」、「あまごのおおみけ」の完成となりました。

二、嫌な魚臭がなく、香りが良い

「魚醤」と言えば、タイのナンプラーやベトナムのニョクナムなど臭いのきついものを思いますが、「鮎のみつき」、「あまごのおおみけ」は、米麹の力で魚特有の嫌な臭いのない、大変香りのよいものとなりました。穀物でできた醤油とは違うコク、ほんわかとした香りがあります。

三、低塩分でまろやかな味わい

「鮎のみつき」、「あまごのおおみけ」は塩分15%±1と、一般的な魚醤(22〜30%)よりも低塩分。まろやかで上品な味わいは、1滴加えるだけで和洋問わず料理の旨味、風味を引き出します。

万葉の時代から鮎といえば吉野・宮滝 万葉学者・上野誠先生が命名

万葉の時代からたくさんの歌に歌われてきた吉野の鮎。「鮎のみつき」、「あまごのおおみけ」は、万葉学者で吉野に大変ご縁のある上野誠先生の命名です。「みつき」とは、歌聖、柿本人麻呂が、有名な吉野讃歌において使用した古い言葉。それは神への献上品という意味です。
「おおみけ」とは、神に献上される食事をいう言葉。歌聖、柿本人麻呂は、ここ吉野の川の神が、吉野にやって来た天皇に献上した川の幸を、「おおみけ」と呼んだのでした。
魚醤は、東アジア一帯に広がる魚の発酵食品で、古代人のうまみへのあくなき探究心から生まれた食品でした。私どもは古代の知恵を学び、工夫を加えることで、従来の魚醤と比べ低塩分で特有の魚臭もなく、鮎とあまごのうまみ成分を引き出すことに成功しました。それを人麻呂に倣い、「鮎のみつき」、「あまごのおおみけ」と名付けました。時が育んだ、味わいの深みを堪能していただければ幸甚です。

※上野誠…1960年、福岡生まれ。文学博士。奈良大学文学部教授。
万葉文化論の立場から、歴史学・民俗学・考古学などの研究を応用した万葉集の新しい読み方を提案。
→上野誠の万葉エッセイ

「鮎のみつき」「あまごのおおみけ」の効果

この一滴でお料理の味と深みが増します
鮎を原料とした魚醤「鮎のみつき」、あまごを原料とした魚醤「あまごのおおみけ」は
様々な料理の旨みを引き出します。
一滴、ためしてみればかかせない調味料となること請け合いです。

旨みと風味を引き出すこの一滴

◎鍋物、煮物のおいしさが広がる。
◎魚、お肉の臭みがなくなる。
◎焼ソバ、焼き飯の味付けに。
◎カレーにコクがでる。
◎ラーメンのスープが深まる

煮物・汁物・炒め物・鍋物などのお料理に

「鮎のみつき」「あまごのおおみけ」

商品一覧


あまごの魚醤油 「あまごのおおみけ」 120ml

864円(税込)

この一滴でお料理の味と深みが増します。


鮎の魚醤油「鮎のみつき」 120ml

864円(税込)
SOLD OUT

この一滴でお料理の味と深みが増します。


全 [2] 商品中 [1-2] 商品を表示しています